[ Home > 攻略 - A列車で行こう9 > ニューゲームで試す(マップ一覧) ]

だってA9だもの。6つのシナリオマップを順番に楽しみながら基本をマスター。(初版公開:2018年8月1日、最終更新:2020年8月4日)


ニューゲームで試す

合計59ものマップから、地形に自然さのあるマップを厳選して紹介。マップ全域をクリアに可視化するスーパーカタクリコR。おすすめコース、おすすめ設定あり。同じマップに何度でもトライしよう。ノートをつけよう。A列車で理数探究「データで遊ぶ」につなげます。

  1. ひしめきM ~スーパーこまちタイム~
  2. エアポートM ~MMBへようそこ~
  3. あかりM ~あかり灯台だいすき~
  4. メトロポリタンM ~キャンプのカレーは煙の味~
  5. タ陽M ~駅あつめ詰め合わせ組~
  6. エキスパァM. ~製造所固有記号で記載~

すべてのニューゲームを「スケール1:1モード」「時間拡張30倍」で楽しみたいところですが、そのような統一は図られていません。「スケール1:1モード」「時間拡張30倍」ではないマップでは、記載の内容がじゅうぶんに試せない場合もありますのでご注意ください。


プレイアビリティとは

地形の特徴・地形の複雑度


メタでトポロジカルな遊び方

見立てはかどるランダム地名


マップ×遊び方

デモンストレーション型
ベース型 テーマ型
ガイダンス 【1番】
チュートリアル 【2番】 【4番】 【6番】
ステップアップ 【3番】 【5番】 【7番】
フリースタイル 【9番】 【8番】

※ゲーム内の地形データの著作権はゲームソフトのメーカーに帰属すると思われます。

おすすめコース

おすすめ設定

  1. 【環境設定(起動前)】「フルスクリーン表示」にせず「ウィンドウ表示」にしよう(起動後にウィンドウを最大化しよう)
  2. 【環境設定(起動前)】「画質設定」はむやみに高くしない(最新のCPU内蔵グラフィックスでじゅうぶん遊べます)
  3. 【マップコンストラクション】「時間拡張」は「30倍」を標準と考えよう(「30倍」にしないときは理由を説明しよう)
  4. 【マップコンストラクション】「スケール」は「1:1モード」だけを使おう(距離感と速度感を揃え、その感覚に慣れよう)
  5. 【Option】「ダイヤ設定」は「詳細設定」をオンにしよう(いますぐ使わない機能も見えるようにしておこう)
  6. 【Option】地形の起伏が見やすい光の当たりかたになる時間を見つけ、「時間による色彩変化」をオフにしよう
  7. 【Option】植物の彩りが最も豊かな時期を見つけ、「季節による色彩変化」をオフにしよう
  8. 【Option】「天候の表示」「雲の表示」は通常はオフにしよう(できあがったマップを鑑賞するときにオンにしよう)
  9. 「車窓モード」では、フレームレートが下がらないように「影の表示」をオフに、「描画クリップ設定」を最短(左端)にしよう
  10. 通常は、「描画クリップ設定」を最遠(右端)にしよう(短いと、俯瞰したときにフォグがかかって見えにくい)

References


Descriptions and More

  • このページのもとになった記事(※ただし口語で長文です)がフォーラムで読めますので、詳しいことが知りたいときは参照してください。

  • All Rights Reserved. ©2018-2020, tht. このサイトについて