[ DATT-A9DARXスーパーオレンジパッチ > 地形にカンパイ - A列車で行こう9・Exp. ]

最終更新:2021年8月28日


地形にカンパイ - A列車で行こう9・Exp.

PCゲーム「A列車で行こう9」の地形データ(ハイトマップ)を楽して楽しく分析。地理探究・理数探究などの活動につなげます。

点・望・山(M243-11Y)
データの前処理などに使うツールはこちら

地形の特徴・地形の複雑度

公式ガイドブック(全4冊)の「マップ攻略」では、「産業構成比」「都市情報」「資金」「交通施設」と「主な施設」が掲載されているが、地形に関するデータは掲載されていない。ゲーム画面でも地形に関するデータを表示する機能はない。「サテライト」の画像(標高を色分けして示したもの)を見よということである。人の目で画像を見ているだけでは『データ』ではない。ここでは、この「サテライト」の画像をキャプチャ(※Windowsの通常の操作である[Print Screen]キーを使用)して『データ』をつくってみよう。

プレイアビリティとは

「プレイアビリティ」とは、遊び道具や楽器などに備わった「遊びがい」「演奏しがい」。また、楽しさやおもしろさを妨げないこと。ここでは、「A列車で行こう9」「A列車で行こうExp.」における「難度」の表示と「地形の自動生成」についてまとめる。


※ゲーム内の地形データの著作権はゲームソフトのメーカーに帰属すると思われます。


ARXスーパーオレンジパッチ(77041) All Rights Reserved. ©2018-2021, tht.