DATT-A9DARXラビットドック

(初版公開:2018年8月1日、最終更新:2021年10月16日)


[ マニュアル対照表 | 公式ガイドブック対照表 | すももコース ]
[ A9V1 - A9V2 - A9V3 - A9V4 - A9V5 - A9V6 ]

A9V1

A列車で行こう9 Version 1.0」のマップから

「A9V1」のアップデートパッチ「Version 1.00 Build 096」(2010年3月4日)・「Version 1.00 Build 113」(2010年3月30日)で追加された「時間拡張60倍」のシナリオマップから定番のマップを新たな視点で紹介。コンプリートパックに同梱の「公式ガイドブック」も手掛かりにして、ゲームの進め方や楽しむコツをマスターしよう。「A9V1」に収録されたシナリオマップ(ニューゲーム)は、順番に進めることでチュートリアルになるよう配慮されている。クリアするまで進める(攻略する)必要はないが、順番通りにニューゲームを開いてみて、「提案」に沿ったプレーを試してみよう。一通り遊べば、ゲームシステムの全体像(ゲームのルール)が見えてくるはずだ。

以下の「対照表」では、左側に「公式ガイドブック」の記述に関するディスカッションを載せ、右側には、このサイトで紹介した遊び方に関する解説を載せている。このページはスマートフォンでは見づらくなって申し訳ない。ぜひパソコンで開いていただいて、左右を見比べながら読んでほしい。

大都市構想EX

Version 1.0
公式ガイドブック(pp.96-97, 118)      

ドリームM 夜明けの大古都構想EXな・ん・で・も・あ・りぜよ~

  • 一連の「マップ攻略編」の「01」として紹介される『最初のマップ』
  • わざわざいところで無理に環状線をつくらせる指示
    ※97ページの図でいう「駅-007」と「駅-001」をつないで大きなにさせる教示はなし
  • 「水面」あらば「湖畔のリゾート」の一点張り(源と農地を考えさせたりはしない)
  • 「山地」への言及なし
    微地形の活かし方(あるいは避け方)にも言及なし
    ※「A列車で行こう4」以来の感覚で「山地」を「遠景」と思い込み、意識に無視している感じ

広域都市計画EX

Version 1.0
公式ガイドブック(pp.98-99, 118)      

メトロポリタンM キャンプのカレーは煙の味

混迷する交通都市EX

Version 1.0
公式ガイドブック(pp.114-115, 118)      

エキスパァM. 製造所固有記号で記載

※公式ガイドブック(p.118)に「EXマップシリーズ」の説明があるが「250倍」という誤記がある。

※「古都再興」「水面に映ゆる鉄道」「観光都市からの飛躍」「島の繁栄」「新幹線とリニア」「バスのある風景」「工業地帯のエネルギー転換」「鉄道博物館」は扱いません。各バージョンから半数を超えるマップの紹介はいたしません。




おことわり


[ 戻る ]


ARXラビットドック(31502)を見たと伝えるとスムーズです All Rights Reserved. ©2018-2021, tht.