DATT-A9DARXオールぺる太 A列車で行こう9で理数探究が楽しめる世界初のサイト「DATT-A9D」ここに誕生。


[ マップの作り方 > マップコンストラクション > 複数の『架空の私鉄』をリアルに作り分ける ]

小一時間で初心者卒業。大人のA列車。ゲームならではのデフォルメを楽しむ。(最終更新:2024年6月23日)


複数の『架空の私鉄』をリアルに作り分ける

マップコンストラクションで資金を気にせず自由に線路を敷けるなら、思ったようなマップが簡単に作れるでしょうか。そういうわけでもないということが、マップコンストラクションを少しやってみるだけで痛感されるでしょう。ここでは、マップの中に引く路線の“性格の違い”(法的根拠や位置づけ、スキームの違い)を『架空のJR線』『架空の私鉄』『架空の国鉄新線』の3つに分けてとらえます。

私鉄『らしさ』とは

走らせる車両を変えるだけでは、『架空の私鉄』の“性格の違い”が表現できたとはいえません。

“骨格”に“肉”をつけると考えて取り組みましょう。私鉄の情景だけをつくりたいあなたも、まずは“骨格”となる『架空のJR線』をつくるべきなのです。私鉄の『らしさ』というものを単独で考えようとしても堂々巡りになってしまいます。私鉄の『らしさ』とは、国鉄・JRに対する相対的な特徴のこと。私鉄と私鉄の“性格の違い”も、国鉄・JRをにしながら論理的にとらえて描き分けていきたいものです。


同様に、沿線に特徴的な建物を1つ建てるだけでは、その路線(や私鉄の会社)を表現できたとはいえません。

JRよりJRっぽい国鉄時代に『ミニ国鉄』と評された私鉄もあります。東武近鉄は、いくつもの都府県にまたがり、多くの支線を持ち、路線網の隅々まで短い編成の特急を運行し、地域の基幹の交通を担っています。歴史的には、東海道新幹線の開業後に故障が頻発した際に近鉄が、東日本大震災で東北新幹線が長期にわたり運休した際に会津鉄道が注目されました。ことさらに「JR」と「私鉄」を対立させてとらえるのでなく、鉄道の持つ使命をゲームの中でも表現していきたいものです。

こちらもお読みください

公共事業としての複々線化

多くの私鉄では、公共事業として線路が複々線化され、地下鉄との相互直通運転が拡大されてきています。「複々線イコール豪華!」「私鉄イコール金持ち!」などと子どもじみた不勉強な理解をしたままでいるのは感心できません。ニュースをよく読みましょう。相鉄・JR直通線や相鉄・東急直通線は相鉄のものではありません。我が物顔で「相鉄の悲願がかなった」といった物言いをするのはとんでもないことです。公共の道路の下の空間を使う地下鉄の建設にガソリン税を充当することや、加算運賃による建設費の償還などについて調べてみましょう。


地下鉄建設と複々線化や高架化は公共事業であるため、工区の設定と都県境や区境は深く関係しています。種類の異なる工事がむやみにほかの区や県にまたがらないようにされています。そもそも都県境や区境は川や山(崖)など自然の地形に由来しています。このことで工法や土木構造物の種類も変える必要があるので、工区や事業は自然と分かれることになります。なお、詳細な区境は非常に複雑な形状であったり、飛び地があったり未確定であったりもするため、区役所への問い合わせが必要です。(※Googleマップやカーナビで表示される区境は参考程度。)むしろ地下鉄や複々線の工事の際に区境を確定したり変更したりした箇所もあるかもしれませんね。

こちらもお読みください

工事や事業の説明会の開催や、そもそも着工や事業化の前提となる合意形成は、区市町村ごとに行なわれます。駅や線路の計画と区市町村の境界は切っても切れない関係にあります。公共事業にあっては用地の買収にも公平性が求められます。財源の使途には厳格な制限があります。予算は年度内に執行しなければなりません。こうしたことに対して、私鉄ではいくらかは柔軟な対応ができるのかもしれません。大都市の鉄道が国鉄と公営だけでなく私鉄もあったことでなんとかなっている(高度経済成長期にタイムリーに工事を完成できた)という面があるという見方をしてもよいのかもしれません。

事業体としての私鉄の限界

成田スカイアクセス線では160km/hでの運転が認可されていますが、成田湯川駅の施設は200km/h以上の運転、いわゆる『新幹線』としての規格をゆうに満たしているようにも見受けられます。成田スカイアクセス線の運行京成電鉄という私鉄が担っていますが、この私鉄である京成電鉄に『新幹線』の運行が認められる日は来るのでしょうか。それとも『新幹線』というものはあくまでJRにしか認められないままになるのでしょうか。はたまた「これは隅田川の河口であって港ではない」といいながら整備された「東京港」のように「これは新幹線ではない」といいながら高速化していくのでしょうか。鉄道に関するすべての許認可を国がにぎる一方で実地の事業は民間資本と地方自治体に負わせている現状には利点もあれば不都合もあるでしょう。京成電鉄の前身の会社は戦時中にインドネシアでの鉄道敷設を命じられたことを知っておいて損はないでしょう


目次

  1. マップコンストラクションでの「自動発展」
    これぞ『RT』リアルタイム・シミュレーションサンドボックスとは。いきなり路線図を描いてはいけません。いきなり私鉄をつくってはいけません。地形データとじっくり対峙しよう。

  2. マップコンストラクションとは
    「創作ゲーム」として配布するつもりで、ゲームモードを意識してつくろう。「デフォルメ」「ゲームの仕様」「地形」について解説。

  3. ランドマークとは
    「ランドマーク」と「シンボル」の違い。ケヴィン・リンチの「都市のイメージ」。

  4. 上を北に固定「サテライト」
    ゲームの中で道に迷っていませんか? マップの平面図を正しく使うための基本的な考え方を紹介。

  5. シナリオマップでの線路の直し方
    運輸政策研究所ほかの資料に基づき「路線網」「施設」「旅客と貨物」について解説。路線網構築上の制約条件を「地形」「都市」「鉄道」に即して考えます。

  6. リアルに見せるコツ『架空のJR線』
    国鉄・JRと私鉄の違いを路線網のトポロジーに着目して徹底理解。マップの骨格となる「架空のJR線」の作り方から愛知環状鉄道まで。

  7. 複数の『架空の私鉄』をリアルに作り分ける
    走らせる車両をとっかえひっかえするだけで満足していませんか。私鉄の情景を論理的につくる方法を紹介&高度経済成長期の地下鉄建設と複々線化を概観。

  8. 公団『架空の国鉄新線』で奥深さを
    「新線とは」「鉄建公団」「電算化」「光ファイバー網」などを解説。路線の建設の経緯や事業主体の違いをゲームの中でも表現してみましょう。

  9. リアルに見せるカギ「実在の車両」の使い方
    地形や路線網は「架空」にしても、ゲームに登場する車両は実在のもの。どんな情景が描けるのか、最新の「車両キット」「車両キット2nd」を含めて展望します。

(このページの初版公開:2020年10月6日、「連絡設備費」の初出:2019年3月1日、『架空のJR線』の初出:2019年10月18日)


ARXオールぺる太(90155)を見たと伝えるとスムーズです All Rights Reserved. ©2018-2024, tht.