[ Home > 要望 - A列車で行こう9 > 要望24 ]
[ 要望12 - 要望16 - 要望24 - なくしてほしい - 色がおかしい - 日本語がおかしい - 要望の考え方 - 車両の選び方 - 信号EX - A列車で行こう10への道 ]

ソフトウェア開発の末席にて20年:見えないものを見る。スイッチが入ったら気に入ったらリンクしてください。(要望24の初出:2019年4月1日、要望16の初出:2020年1月27日、要望12の初出:2020年7月1日、このページの初版公開:2020年4月29日、最終更新:2020年7月11日)


要望 - A列車で行こう9

要望24(225件以上)

要望24

駅すた24

  1. 駅の並べ替え(発駅から着駅までが「上り」か「下り」かの判定に使う
  2. 「中心駅」をプレーヤーに決めさせて、中心駅からの直線距離の昇順で並べ替える機能
  3. 駅の(列車の収入の算出の)基準座標を、個々の列車の停車位置(編成の長さや「連結」などで変わってしまう)や駅舎の位置(片側に寄ってしまう)ではなく「複線の線路の中心(本線の中心)」に(1番線と7番線で運賃収入が変わらないように:マップに配置した複数の駅の番線を通し番にして同一駅とみなす機能を実装するときに、どんなに駅が広大になっても運賃計算の基準の座標は1点で)
  4. 設置済み駅の座標を、駅をクリックすると表示できる機能
  5. 座標を数値で入力して駅を設置するマクロ的な機能
  6. 「仮配置(位置決め)」してから「回転」「高度の指定」させる設置方法(UI)
  7. 「駅中心」を先に固定して番線を増やしたり減らしたりする挙動(先に引いた線路上に「駅中心」だけを置き、そのあと線路の右側にも左側にも自由に番線を増減できる柔軟なUI)
  8. ホームの中心に固定でなく任意の位置に駅舎を設ける機能(駅舎の位置を変えずにホームを好きな方向に延ばす機能→同種の駅の「重ねて設置」の仕様も温存して)
  9. 「降車可能数/(単位時間あたり・ホームあたり)」を(ホームの幅、改札口の広さ、駅前広場の広さに応じて)
  10. 「ダイヤ設定」の「乗客対応」に「自動」を
  11. 「駅の種類」(概念的な「規模」)と「駅舎のデザイン(新旧やコスト、色など)」を独立に(ゲーム性を左右する「パラメータ」と、気分で変えてよい「スキン」を明確に分離して実装してほしい)・ホームに雑草を
  12. 輸送実績から「駅等級」の判定を
  13. 「駅」に「未開業・休止中」のステートを(ゲームモードで「街の自動発展(衰退)」に影響しないようにしておいてダイヤの作成に没頭できるように)
  14. 駅のシャッターが開閉する表現(絶対に起床できるベッド):グラフィックはアニメーションでなくてよい(駅をクリックして「駅の営業時間」「季節」を設定できるとよい→駅の営業費用が増減する&深夜は割増→列車が発着するときだけ改札する駅や観光シーズンだけの臨時駅ができる)・大雨や台風の表現にも
  15. マップ外の駅(「隣町」)の乗降客数の表示
  16. 北鉄金沢・京王八王子などの行き止まり型の地下駅(小さな改札)」(「始発駅(地下)」)
  17. 東武大師前・電鉄出雲市などの「行き止まり型で終端に改札や階段がある高架駅(小)」(「始発駅(高架)」)
  18. 東武練馬・青梅などの「地上駅(地下通路)」
  19. 京成・京阪・江ノ電などに多い「地上駅(構内踏切)」(2面2線に限る北鎌倉などのホームの長さは無制限
  20. 大宮・新宿・津田沼などの「影」をオフにしても駅構内が暗くなる「橋上駅(人工地盤)」(人工地盤の下の「暗さ」をトンネルと同じ挙動で演出してほしい)
  21. 「高架駅」の絶対高さに制限を
  22. 「高架駅」の設置可能な場所の判定を駅舎部分だけで
  23. 「駅のカスタム」「駅舎やホーム柱に色差し」
  24. 桜木町・幕張・川越などの1本の線路の両側にホームがある駅」(※終端駅なら「櫛形」ともいうが、終端でない駅にもそのような番線がある)
  25. 先に設置した駅に重ねて付け足す「切り欠きホーム」という名のアイテムみたいな駅(「切り欠きホーム」みたいなものはめったにないし1つの駅にも2つとないのでメニューから選ばせる項目には含めず「つけたし」という操作がよかろう):「駅ホームのカスタム」はどこからどこまでという“守備範囲”みたいなものを考えていくと「切り欠きホーム」はその外に追いやられるはずだ
  26. 「ホームに接しない線路を含む駅(「通過待」「追越待」に対応)」ほか

Descriptions and More


All Rights Reserved. ©2018-2020, tht.