[ DATT-A9DARXうなり小結びた一 > 攻略 - A列車で行こう9・Exp. > ダイヤグラム総合(仮称) > 時間帯の感じさせ方 ]

小一時間で初心者卒業。ふつうのダイヤグラムをふつうに描いてみよう。(初版公開:2020年8月9日、最終更新:2020年9月22日)


ダイヤグラム総合(仮称)

新訂「A列車で行こう9 攻略 ダイヤ」出来。「地理総合」のひそみにならって「ダイヤグラム総合(仮称)」というタイトルにしました。

時間帯の感じさせ方

ゲームの中では時間の表現がデフォルメされていますが、時刻によって光線が変わるので、(ゲーム内の時計を見ることに頼らず映像の雰囲気だけで)おおざっぱな時間帯を感じることはじゅうぶんにできます。これを踏まえ、列車の運行密度に変化をつけて「ラッシュ時」を演出したり、「初電」「終電」の情景を印象的に表現してみましょう。

(ゲームの中で)遠距離の通勤ライナーに見える列車を走らせようとすると、「5時」に出発して「9時半」に着くということになったりしますが、それでよいとしましょう。あるいは、1つの列車(※折返さずにひと続きで走る行路)を時間帯や走行位置ごとに別の列車に「見立て」るのも手です。出発したときは朝一番の速達タイプの特急で、「8時台」に通過する駅では通勤ライナーに見せかけ、「9時半」に到着するときには3本目くらいの特急に見せかける、といったことができるでしょう。


ゲーム内で「この車種」を使うだけで、そのような「見立て」が自然とできてきます。何から何まで言葉(字幕など)で説明する必要が省けて楽です。鉄道会社の許諾を得て実在の車両が登場するゲームのよいところです。

このような「見立て」に最適な車種がほかにもいろいろあります。ウィキペディアを使って調べながら楽しみましょう(調べる過程も楽しみましょう)。

[ 戻る ]


All Rights Reserved. ©2018-2020, tht. このサイトについて