[ DATT-A9DARX白昼白夜肉厚 > スイッチ ]

最終更新:2020年11月30日


Switch版「A列車で行こう はじまる観光計画」関連記事


対象とする読者

以下の内容は、ゲームソフトをただ買ってただ遊ぶだけで満足できるひとには不要な内容です。こんなことは気にしないで存分に楽しんでください。27歳未満お断り。これを読むか読まないか、読めるか、読んでどのような反応をするかを通じて、あなたを試すようなかたちになることをお許しください。わたしたちはわたしたちどうしで試しあい続けなければならないのです。じぶんが試されるということを楽しむゆとりのあるひとは、ぜひ読んでみてください。ただし、空腹時や疲労時には読まないでください。頭痛がしたら中止してください。

グッピーは熱帯魚である。情報検索ができないまま情報発信することなかれ。自分が言いたいことをネットに書く前に、必ずネットを検索せよ。SNSでの検索ではだめ。知り合いに聞くのもだめ。ウェブ全体を検索しよう。わたしたちはドライですがオープンです。このサイトにスポンサーはいません。いかなる広告にも支配されません。このサイトは広告ではありません。

ここでは、個人の主観による観念的で表面的な印象にのみ基づく感想ではなく、「どうあるべきか」「こうあるべき」ということを努めて客観的そして具体的に探っていきます。記事の客観性そして具体性は、記事の本文ではなく、参考文献によって担保されています。記事の本文を読むだけでは、何も読んでいないに等しいことを理解してください。記事中で挙げた参考文献(リンク先)を必ずぜんぶ読んでください。参考文献は必ず複数、最低でも3つは同時に挙げるものです。どの参考文献とどの参考文献を同時に挙げたか、どういう順番で挙げるか、いつ挙げるか、何は挙げなかったか、ということが、新たな情報となるのです。1つの参考文献しか挙げないのでは(※1つのニュースや公式発表を、それだけ紹介して何か反応してみせるツイートや、そうしたツイートのリツイートなど)、そこに新たな情報は発生しません。ただの受け売りでしかないのです。


2020年10月28日の発表を受けての記事

このたびはまことに2020年10月28日でございました。発売日は発表されていません。発売日が発表されていないにもかかわらず「買う」「買いたい」と書き添えたリツイートがツイッターにあふれているのが不自然です。わたしたちは広告やツイッターではなく、製品そのものや公式のニュースリリースのみを参照します。そして考えます。いかなる遠慮もなく、この作品のすばらしい成功のために何が必要かを冷徹に指摘します。わたしたちは形式的な義理立てには無関心です。わたしたちを金銭や名誉によってコントロールしようとする試みは必ず失敗します。優れた作品だけがわたしたちのこころを動かすのです。二言はありません。もういちど言います。わたしたちは考える存在です。2020年10月28日。きょう、この日をわたしたちは忘れません。誰も答えを知りません。本日はまことにありがとうございました。(Google Translate


2020年11月28日~(随時更新)


過去の「A列車で行こう」シリーズに関する記事

ポニーキャニオンサイバーフロントアンバランス津川洋行とは無関係です。


Switch版への本来の期待








All Rights Reserved. ©2018-2020, tht.